お問い合せ 店舗案内 サイトマップ
ビリヤードをお気軽に楽しく、必要な各種用品を業界一の品揃えとお得な価格で御用意いたしました。
ホーム
カスタムキュー
ケース
アクセサリー
DVD&ビデオ
テーブル
●お客様の声
 
 
Edwin Reyes
国内 Part01
国内 Part02
海外 Part01
 
 
 
 
 
HOME >お客様の声 > Edwin Reye海外編 01
お客様からのメッセージを紹介
Edwin Reyes(エドウィン・レイズ)キューファン海外編 Part01
 <Fidel Punzalan フィデル・プンサラン>

Southeast Asian Championship チャンピオン(金メダリスト)
JPBA第8回 オール関西(関西9ボールオープン)チャンピオン
(インターナショナルプロプレイヤー)

All Kansai 9 Ball Champion and International Pro-player
私は、30年間以上もプレイヤーとして活動し、様々なキューを使用してきました。その経験からいえることは、Edwin Reyes(エドウィン・レイズ)キューは他のキューに比べて、パワーの面、「入れ」と「出し」の確実性の面で優れているということです。Edwin Reyesキューは単に「パワー」があるだけではなく、「優れたコントロール性能」をもっています。私がEdwin Reyesキューを使い始めてから、既に、3年になりますが、「ERキューでどう撞けばどうなるか」を容易に予測できるので、ゲームを組み立てるための適切なショットを簡単に選ぶことができるのです。

Power and consistency are the ER cue's advantage over all the other cues that I've used in my over 30 years of playing the game. My ER cue has not only tremendous power but also excellent controllability simultaneously.
I have been using my ER Cue for 3 years now and being able to predict the outcome of a shot helps me make my shot-making selection easy.
 <DeoMark Alpajora デオマーク・アルパホーラ>

フィリピン ジュニア ナショナル チャンピオン他
(準インターナショナルプロプレイヤー)

Philippine Junior National Champion and Upcoming International Pro-player

Edwin Reyes(エドウィン・レイズ)キューを試し撞きしてみて、その素晴らしいパワーと難しいショットが簡単にこなせることを確信しました。自分用に注文したEdwin Reyesキューが仕上がるのがとても待ち遠しいです。私は、Edwin Reyesキューを使って、いつかワールドチャンピオンのタイトルを獲得することを夢見ています。私はこの目で、ワールドチャンピオン達がEdwin Reyesキューを使って、大きなトーナメントで難しいショットを決めるのを何度も見ました。そして、彼らと同様に、自分もEdwin Reyesキューを使い優勝できるはずだと思っています。
 
I can't wait to get my new Edwin Reyes custom cue. I tested the cue and realized the power and ease of being able to execute challenging shots with the ones that I've used keep me ever hopeful that someday I am going to have what it takes to be a World Champion.
I have witnessed with my own eyes that World Champions use it in big tournaments and most specially for crucial shots. So if they can rely on it, I know that I also can.
【ER240 Shaft by Edwin Reyes 】
Reviewer: Ron Kurtz
Ron Kurtz氏はビリヤード愛好家でコレクターの方です。
I have waited to provide a review of the ER240 shaft until I have used it for a while then went back to the Meucci Red dot to feel the difference. I felt this would provide a more accurate assessment of the shaft and did not want to provide an assessment on feelings and exuberance after 1 hour of use.

Construction:
At first appearance it is a beautiful shaft, very white and the ring work is a perfect match with my Meucci 9721-B butt and very well done. I could not find any flaws in the workmanship. The MOP is real and the ferrule is ivory. The spliced sections gives the appearance of grain, very straight grain which is what I suppose provides the consistent feel I get in its use. I used a magnifying glass to examine the splices and they are amazingly straight and smooth. To the naked eye it looks like grain. The fit is perfect, it actually threads more solid then my original red dot that came with the butt. It is 4 3/4 oz which is heavier then the 3 5/8 oz of my Red Dot. This moves my balance point about one inch further forward which is fine with me. My total weight is now 20.5 oz and suits my stroke since I stroked a 21 oz cue for many years before I switched to the 19 1/4 oz Meucci.

Feel:
What I immediately felt was consistency and predictability. I never thought about or actually felt that in a shaft before but that is what came to mind as I played. After about 80 hrs of play I am now sure this is due to the shaft and not a good cycle I was in. I find CB travel easier to control. I also noticed long shots being more predictable as well, my percentage has gone up in this area as well as in position play. I have been making cross table slice shots that used to be really hit or miss (more miss) but now there is a very good chance of sinking. I suspect the improvement is due to the rigid characteristics as compared to the flexibless of the Red Dots.

At first I had a significant amount of deflection and said so on a first impression post. I will not hide any negatives and give only positives, I will just provide an accurate review of the shaft with my current abilities. After about 10 hours of play the deflection went away and I now aim as if shooting a center hit except for long or top of rail shots. My stroke must have changed to adapt to the different characteristics of the ER240 and the Meucci Red Dot. I do not know what I changed, it was not a conscious change to compensate, it just happened over time. The same is true with Draw. I was having difficulty getting the draw I was used to and at times it became frustrating. I had been seeing steady improvement but not as much as I had with deflection. I spent about hour last night practicing nothing but draw and I am happy to say it is back. I do not know if the shaft is harder to apply draw or the fact that it is so different then the flexible Meucci Red dot and I just needed to alter my stroke to accommodate the difference. I may have had the same problem if I was used to ER240 then switched to Meucci. I do not know. Sorry I cannot be more accurate but I do not want to make up imaginary details just to sound good. One reviewer said that it was easy to apply draw across the length of the table so I suspect it was me.
It is a powerful shaft, the object balls sink with more determination. I did not notice that at first, but realized it after awhile and it is a nice feel. I have been getting comments recently about how I am playing better. One person does not know I have a new shaft, it was an unsolicited observation, the best kind.
I went back to the Red Dot to see how it felt after getting accustomed to the ER240 and to my surprise it felt good, like an old friend. I had liked the feel and started to wonder which I liked better but as I played for about an hour with the red dot I started to loose ability on the long shots. It was not an immediate degradation, it happened over time. Then I went back to the ER240 and I also got that same feeling of consistency and predictability like the first time I shot with it. I like both shafts but prefer the ER240 because of its consistency, which is one goal I have been working towards.
Some ask why spend money on a new shaft when I already have two very capable Red Dots. Their reasoning is why not spend the money on a new custom cue butt loaded with ivory etc. Realistically most of the playability comes from the shaft. The butt is primarily a pretty handle and I would never feel the difference between real MOP / Ivory and man made composites in the butt. I would prefer to put the money in the business end of the cue.
The ER240 shaft is a quality product that plays very well and has improved my game. My two Red Dots are now designated as very capable backup shafts
私は、ER240シャフトを1時間程度使用しただけでは、十分に納得できる正確な評価を出せないと考えたので、私が、これまで愛用してきたMeucciのレッドドットシャフトを、再度、使用してみた結果を踏まえた後に、ER240シャフトのユーザーコメントを公にすることにした。

構造:
まず、ER240シャフトは、真っ白で私のMeucci 9721-Bのバットのリングデザインと完全にマッチしおり、美しい。キズや欠点が全くなく申し分のない仕上がりである。
マザーオブパールのインレイは本物で、フェラルはアイボリーである。貼り合わされたメイプル板材は木目にしか見えず、その真っ直ぐな線が安定した打球感を予想させる。虫眼鏡で覗いて見たが、やはり、貼り合わされたメイプル板材は驚くほど真っ直ぐな線でスムーズに仕上がっている。肉眼で見ると貼り合わされたメイプル板材は本当に木目にしか見えない。
ジョイントネジもオリジナルのMeucciのバットについてきたレッドドットシャフトのネジよりもしっかりしている。ER240シャフトの重量は4 3/4オンスでMeucciのレッドドットシャフトは3 5/8オンスなので、そのため、バランスポイントが1インチ前に移動したが、これは私にとって非常にいいことだった。トータルウエイトは20.5オンスとなり、私のストロークにぴったりだった。というのは、私はキューをトータルウエイト19 1/4オンスのMeucciに変えるまでは、長年、21オンスのキューを使っていたからだ。

打球感:
使い始めて直ぐに感じたことは、打球の方向性の「一貫性」と「その予測可能性」である。私はこのER240シャフトを使うまでは、シャフトによって打球の方向性の正確さに違いが出るなどとは考えてもみなかった。
約80時間に渡りER240シャフトを使ってみた今では、はっきりとその違いが分かった。つまり、決して私の調子がよかったせいではなく、ER240シャフトを使うことによって正確なショットが生まれたのだ。
私はER240シャフトを使うことにより、手玉をより容易にコントロールできるようになっていた。特に、ロングショットではその結果を予測できるようになり、また、ポジッションプレイもより正確にできるようになっていたので、ポケットインの確率が上がったのだ。私はクロステーブルのスライスショットはミスが多く苦手だったが、今ではかなりの確率でポケットインできるようになった。これは、Meucciのレットドットシャフトと比べてER240シャフトがしっかりした特性を持っているからだと思っている。

私はマイナス部分を隠したり、プラス部分のみを強調するような評価をする気は全くなく、ただ、私の現在の腕前に基づいて正確な評価をしたいと思っている。初めのインプレッションショットではER240シャフトに球ブレがあり、これをその場で感じた私だったが、最初の10時間の使用で、この球ブレは私の誤解であったことが分かった。
今ではロングショットやクッションレール上のショットを除き、手玉のセンターを突くようなつもりで狙えるようになった。それがどう変わったのかは私にははっきりとは分からないが、多分、私のストロークはMeucciのレットドットシャフトを使っていたときと、Meucciのレットドットシャフトとは違う特性を持つER240シャフトを使い出した今とでは少し違ってきているのではないかと思っている。
このストロークが変わってきたのは私が意識してシャフトに合わせて変えたわけではなく、自然に変わってきたとしかいいようがない。私の「引き玉」のストロークにもこの変化が現れている。

今まで、私は「引き玉」は苦手の一つで、失敗しては欲求不満が溜まっていた。だが、昨夜、ER240シャフトで引き玉だけを練習したので、この苦手意識はほぼ克服できたと思う。「球ブレ」に至っては完全に克服できた。私は、柔らかいMeucciのレットドットシャフトに比べてしっかりした特性を持つER240シャフトでは「引き玉」は難しいのかどうかは分からないが、私の練習によりストロークが少し改良された結果、ER240シャフトを使えば、「引き玉」は問題がなくなった。

私がもともとER240シャフトを使っていて、Meucciのレットドットシャフトに変えたと仮定した場合、同じような結果になったかどうかは私には分からない。申し訳ないが、この件はこれ以上は正確な答えは出せない。なぜなら、推測に基づく「つじつまを合わせ」のようなことはしたくないからである。ある評論家は「引き玉はロングショットでは簡単だ」といっていたが、多分、その評論家とはER240シャフトを使い始める前の私だったと思う。
ER240シャフトはパワーがあり、的玉はより自信を持ってポケットに沈められるシャフトである。初めは気がつかなかったが、使い始めて直ぐにフィーリングのよさを実感した。最近、私は周囲の人から私のプレイがいかによくなったかを聞かされるが、その中の一人は私がER240シャフトに変えたことすら知らずにいる。私がER240シャフトに変えたことを、あえて説明することもないし、説明しない方が私にとってベストなのだ。

私はER240シャフトに十分に慣れた時点で、前のMeucciのレットドットシャフトにつけ変えてみた。予想に反し古い友達に再会したような感じで、いいフィーリングだった。Meucciのレットドットシャフトは、以前、愛用したもので、本当は自分はどっちが好きなのだろうと考えたが、約1時間、Meucciのレットドットシャフトで撞いてみて、ロングショットの能力が落ちたのを知った。たった1時間で自分の能力が落ちたのだ。
そして、その後、再び、ER240シャフトにつけ変えて、ようやく、「一貫性」と「ポジッションの予測」ができるように戻ったのだ。私は両方のシャフトとも好きだが、ER240シャフトの方がよりいいと思う。なぜなら、ER240シャフトの「一貫性」こそが私が追い求めているゴールにほかならないからだ。

ある人はMeucciのレットドットシャフトを2本も持っていながら、どうして新しいシャフトに金をつぎ込むのか分からないという。彼らのいい分は、そんな金があるなら、なぜ、アイボリーなどがインレイされた新しいカスタムキューを買わないのかということなのだ。しかし、プレイアビリティー(プレイ性能)はシャフトの違いが左右すると私は考えている。例え、バットのインレイワークの芸術性が高く美しくても、インレイのマザーオブパールやアイボリーがプレイアビリティを左右するわけではないと私は考えている。私は自分の金はキューの本来の目的に使いたいと思っている。
ER240シャフトは私のゲームを改善した品質本位の製品である。私のMeucciのレットドットシャフトは今は十分な能力のあるバックアップシャフトとして眠っている。


 

Copyright(c)1997-2009 Alpha International, Inc. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー
特定商取引法
当サイトの画像・文面及び掲載内容の全ては「アルファーインターナショナル株式会社」が著作権を有しています。