お問い合せ 店舗案内 サイトマップ
ビリヤードをお気軽に楽しく、必要な各種用品を業界一の品揃えとお得な価格で御用意いたしました。
ホーム
カスタムキュー
ケース
アクセサリー
DVD&ビデオ
テーブル
●キュー選びのABC
 
 
 
 
HOME >キュー選びのABC > ジョイントネジに関する情報
キュー選びのABC
ジョイントネジに関する情報
キューのジョイントネジに関しては、業界には統一された規格がなく、キューメーカー各社が色々な種類のネジを使用しているのが現状です。困ったことにこの件に関しての解説や的確な説明がほとんどなく、一般のユーザーには理解するのがやっかいな問題となっています。 キューは趣味の道具でもあり、キューメーカー各社は、独自性を強調し、差別化を図っていることが逆に混乱する原因となってしまっています。
一般的にいえることは、キュージョイントのネジはインチ規格になっており、日本、アジア、欧州で汎用化されているミリネジ規格ではありません。インチ規格では、そのネジの太さ(インチ径)は、一部の例外を除き5/16インチと3/8インチが主流となっています。インチネジは、「xx/yy-zzTPI」の形で表現され、xx/yyはネジの太さ(径、インチ)で、zzはネジ山の数を表します。(TPI = Tap per Inch、即ち、1インチ間のネジ山の数)。通常ネジ山の計測はインチノギスで太さを測り、ネジ山の数(TPI)はネジ山測定器で測ります(計測はバット側のオスネジで行います)。しかし、一般の方でこのような測定工具を持っている方は少ないと思います。
下の写真はキューのジョイントネジとして最もポピュラーなものです。しかし、これら以外にも色々なジョイントネジが存在するのが実情です。たとえば、3/8-10TPIでラジアルタイプのジョイントネジもあります。ラジアルネジは、ネジ山の形状が多少違うため、標準インチネジとは互換性がなく、相互にジョイントすることはできません。
Type 1
5/16径
Piloted
(パイロテッド)

Type 2
5/16径
Flatfaced
(フラットフェイス)
Type 3
3/8径
Flatfaced
(フラットフェイス)
Type 4
5/16径
Piloted
(パイロテッド)
イージージョイント
Type 4
5/16径
Piloted
(パイロテッド)
Uni-Lock
タイプ
断面(切口)形状
ネジの種類(インチネジの規格)
呼称・特徴
Type1
シャフト側に出っ張り
バット側に凹みがある
5/16-18TPI
5/16-14TPI
18山
14山
Type2
シャフト側にもバット側にも
凸凹なし
フラット
5/16-18TPI
5/16-14TPI
18山
14山
Type3
シャフト側にもバット側にも
凸凹なし
3/8-10TPI,3/8-12TPI
(3/8-9TPI,3/8-11TPI)
10山.12山
(9山、11山)
Type4
シャフト側に出っ張り
バット側に凹みがある
5/16-18TPI
5/16-14TPI
イージージョイント
ネジ切りが途中まで
Type5
シャフト側に出っ張り
バット側に凹みがある
-
Uni-Lock(ユニロック)
ネジ切りが根元まで
備考

5/16インチ=7.9ミリの太さのネジ = シャフト側が真鍮か工業プラスチック、バット側はステンレスネジが多い
3/8インチ=9.5ミリの太さのネジ = シャフト側がウッドスクリューネジが多い (1インチ=2.54cm )

●ハイテクシャフトやエクストラシャフトを注文する方へ
ハイテクシャフトやエクストラシャフトを供給する側としては、お客様からジョイントの切り口の形状・ジョイント部の直径とネジ山の正確な情報を得ることが不可欠です。そのため、上記のリストを参照して、正確な情報をいただく必要があります。もし、お客様の方で「ネジの規格を指定するのは難しい」という場合には、バットの現物を送っていただき、当社で測定する必要があります。
なお、ジョイント部分の外径は各社とも、多少の違いはありますが、約21mm〜22mmが標準です。

 1)ジョイントの直径(例 21.8mm)標準的なサイズは21.0〜22.0mm
 2)ジョイントの断面(パイロテッド or フラットフェイス)
 3)ネジの種類( 5/16-18TPI、5/16-14TPI、 3/8-10TPI、3/8-12TPI、 etc)

 

ハイテクシャフトへ

 
Copyright(c)1997-2009 Alpha International, Inc. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー
特定商取引法
当サイトの画像・文面及び掲載内容の全ては「アルファーインターナショナル株式会社」が著作権を有しています。